お金ないのにブランド品が好きでカードでリボ払い

服が大好きで、つい服を買ってしまう事ってありますよね。
でも、ブランド物をたくさん買うとすぐにお金がなくなってしまいます。

 

カードのリボ払いなどを使ってどうにかやるも、買いたい服はたくさんある。

 

今回は、服が好きでつい買ってしまう方の体験談をご紹介します。

 

お金ないのにブランド品が好きでカードでリボ払い 物欲がとまらない

 

28歳、女性。職業:正社員

 

わたしはとにかく一時期ブランドものにはまっており、かなりそこにお金をかけていたのと同時に、旅行も好きで、と自分のためにすごくお金をかけていました。学生から社会人1-2年目の話でした。

 

その頃なのでもちろん収入は多くありません。なのですが、カードもリボ払いにしてまでも物欲が止まらず、かなり苦しかったです。

 

しかも、リボ払いにしたことで手数料もとられます。毎月お金も払っているのですが一向に手数料もあるので減らず、買い物は辞められないので、結果120万までリボ払いがたまってしまいました。カードは借金なのに気づかず使い続けました。

 

自分のためにお金をかけることは大事!
でも、買い物で使いすぎも気をつけないとですね。
しかしハイブランドものを身につけるとやっぱり気持ちがいいものです。

 

服の買いすぎでお金がない!節約方法は?

 

いくつかあるのですが、まず自分が使わなくなったものをオークション、フリマなどで売りました。

 

手間はかかりますが、とにかくてっとりばやくお金を稼ぎたかったのといらないものをすばやく処分できるのでかなり活用してました。

 

あとは、食費も削りました。とにかく一日の食費を500円いないに押さえました。物欲はありましたが、食に対するこだわりがあまりなく、そこは節約できました。

 

ペットボトルの飲み物も毎日購入してましたが、ここは水筒にかえ、お茶にしました。あとは、交通費も削るため、一駅とか30-1時間で行けるところは徒歩にしました。ダイエットにもなり、すごくよかったです。

 

買い物が大好きでカードのリボ払い注意点

 

とにかく、買い物から来た苦しさなので、しっかりカードの仕組みを勉強することと、いくら買い物がしたくても自分の身の程を知っておくことを徹底すればよかったなと思いました。浅はかすぎました。まだ借金も返せてないので。リボ払いの手数料は半端ないです。カードは絶対に一括にすることを強くおすすめします。

 

 

仕事が忙しくてストレスがたまり服やアクセサリーをショッピング

 

25歳、女性。 正社員

 

仕事が忙しくなってしまいストレスが溜まりに溜まり、その解消として、服やアクセサリーなどのショッピングやマッサージ、友達と旅行に行きまくるなど、大変お金にだらしのない生活をしてしまいました。

 

忙しくなった分お給料も少し上がり、多少の浪費は大丈夫だという気持ちになり、支払いは全てカードで支払っていたので、口座にある程度貯まっていたはずの貯金がなくなっていることに全く気がつかなくて、気づいたころにはお給料日までの生活費がなくなってしまっていました。

 

 

お金がない生活を切り詰めるためにやった事

 

友達との約束を断ることからはじめました。遊ぶお金なんてありませんでした。

 

また外食するほどのお金がないので、実家に連絡して野菜やお米など送ってもらい自炊生活をしました。

 

昼はお弁当か、おにぎりを握って行きました。寝坊したら無しです。午後に辛い思いをすると思えば早起きもできるようになりました。

 

また持っている服などをリサイクルショップやネットで売り、お金を作りました。意外と安くてがっかりしたこともありました。

 

 

ポイント!カードはなるべく使わない、またはいくら使ったかきちんと把握することが重要だと思いました。

 

 

まとめ

 

服が欲しいけどお金ない時の対処法としては、クレカでリボ払いなどは使えますが、利息が高いの注意が必要です。

 

しかし我慢ばかりしても辛いですし、ストレスにもなります。オシャレは大事ですしね。フリマアプリなどを使って売ってお金にしたり、いいものをゲットしたりするのも良いですね。

 

ネットでバーゲンで安く買える場合もありますし、資金が足りない時は、最高のものを1つ持つとか決めると良いかと思います。